ホワイトニングとセラミックはどちらも歯を綺麗に見せる治療です。

ホワイトニングは歯を削ることなく過酸化尿素で歯の表面に付着した汚れを除去(分解)し、光を反射させ白く見せています。歯医者に通って行うオフィスホワイトニングから、自宅や職場でマウスピースをはめて行うルームホワイトニングがあります。ただし、もともと歯の色が濃い方はホワイトニングを断れる場合があり、これはホワイトニングは汚れに反応するからであり元々の歯の色素には反応しないためです。どうしても白くしたい場合は、歯の表面を薄く削って白い人工の歯をかぶせるセラミックの一種、ラミネートベアを勧められることがあります。
対してセラミックは歯を削り、上から人工の歯をかぶせることです。いくつかある種類のうち、オールセラミックは金歯や銀場と違い金属ではなく陶材なので、金属がイオン化することで歯茎が変色することなく、周りにばれることなく治療することが可能です。オールセラミックの最大の特長は自然な色を再現できるため、ほかの歯と同じように光が浸透するので不自然な差し歯のように浮いて見えるようなことはありません。ただし、強い衝撃を受けると亀裂が入ることがあります。