自宅でできる歯のホワイトニングでよく間違ったやり方なのが、研磨剤入りの歯磨き粉を使うことです。

研磨剤で磨きすぎると歯の表面を削ってしまいキズつけることにより黄ばみがつきやすくなります。黄ばみの原因は歯の表面のエナメル質に付くステインという着色の汚れです。

コーヒーや紅茶などの飲み物にはタンニン、ワインやチョコにはポリフェノール、カレーはターメリックという着色成分が入っているので、これらの飲み物や食べ物が好きな人には特に注意が必要です。そのためには自分でホームホワイトニングをすることが大切になります。

その方法としてはステインを除去する成分が入った歯磨き剤を使うことです。ステイン除去成分とは、歯についた汚れを浮かせて取り除くものなので、歯をキズつけずにケアすることができます。

特に、ポリアスパラギン酸、メタリン酸、リンゴ酸、ビタミンCなどのステイン除去成分が含まれたホワイトニングを選ぶのが良いです。その場合も歯のステインを除去するだけではなく、エナメル質にダメージを与えないように研磨剤が使われていないことにも気を付けるのが必要です。その効果が期待できるためには、有効成分が入っている医薬部外品を選びましょう。