ホワイトニングとは、日常の生活で歯に付着した着色汚れを分解して落とす技術です。
歯磨きで落とす事が出来るのは歯の表面の汚れのみで、歯に染み付いた着色汚れまでは落とす事ができません。審美歯科で行われているホワイトニングの施術では、過酸化水素水を配合した薬剤を使い、歯の着色汚れを浮かし、取り除いていきます。
取り除くのは、歯の着色汚れのみで、歯の表面を削ったり、溶かしたりする事はありません。
ホワイトニングの治療には審美歯科で行う方法と、自宅で行う方法があります。
審美歯科での施術の場合、薬剤を塗布した後にレーザーや光を照射し、薬剤を活性化させ、着色汚れを落としていきます。レーザーや光を照射して行う施術の場合、すぐに歯の色の変化を実感する事が可能です。ただ、一気に歯が真っ白に変わるという訳ではありません。何度か施術を繰り返す事で、理想に近い歯の色に変えていきます。
自宅で行う場合は、マウスピースを使って、歯に薬剤を浸透させていきます。ただ、マウスピースは1日2時間装着をする必要がある上、効果の出方は緩やかです。その為、効果が出るまで時間がかかりる事になりますが、安く歯を白くしたい場合や、少しでも刺激が少ない方が良いという場合には、有効な方法です。

 

プレミアムブラントゥース 解約